メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム裁判

被害者参加「最高裁の柵内で」 地下鉄サリン遺族、高橋シズヱさん 見届ける権利求め

高橋シズヱさん

 地下鉄サリン事件などオウム真理教による五つの事件に関与したとして殺人罪などに問われた元信者、高橋克也被告(59)の上告審で、同事件で東京メトロ霞ケ関駅の助役だった夫を亡くした高橋シズヱさん(70)が、被害者参加人として法廷の柵内で出廷することを求めている。最高裁からは一般傍聴席での傍聴を打診されているが、シズヱさんは「地下鉄サリン事件で最後の裁判。当事者として柵内で見届けたい」と望んでいる。【伊藤直孝】

 高橋被告は1、2審で無期懲役判決を受けて上告している。最高裁が刑事裁判で弁論を開くのは原則として、…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  2. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席
  3. 未承認薬 社長を書類送検 有印私文書偽造容疑 大阪
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです