メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

腎臓再生

初の臨床研究 患者のiPS使用、年内開始 慈恵医大など

腎臓再生のイメージ

 慢性腎不全の患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、体内で腎臓を再生し、機能を回復させる世界初の臨床研究を、東京慈恵会医大などのチームが年内にも始める。慢性腎不全は、数カ月から数十年かけて腎機能が徐々に低下し、やがて人工透析に至る病気で、世界的に患者が増えている。チームは海外での臨床研究を目指す。【渡辺諒】

 ヒトでの腎再生の臨床研究を試みるのは慈恵医大や明治大、医療ベンチャー企業「バイオス」のチーム。計画…

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1374文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  3. 週刊サラダぼうる・TOKIO城島 出会いに感謝 オチなきゃ意味なし
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです