メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「テロの温床」の地で考える 自立支援で分断克服を=八田浩輔(ブリュッセル支局)

モレンベークにあるIT支援事業の拠点で利用者たちと話し込むウアサリさん(右)=ブリュッセルで2017年11月6日、八田浩輔撮影

 欧州で「ホームグロウン(自国育ち)」のテロが続く。容疑者の多くは移民にルーツを持ち、欧州の世俗的な社会で育った若者たちだ。過激派組織「イスラム国」(IS)はシリア、イラクで「壊滅」寸前と報じられるが、今年も欧州はテロから逃れられないだろう。過激思想に傾倒する若者の多くは社会・経済的に恵まれない層で、ISは彼らの受け皿の一つにすぎない。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. ローソンが「悪魔のパン」発売 「悪魔のトースト」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです