メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「テロの温床」の地で考える 自立支援で分断克服を=八田浩輔(ブリュッセル支局)

モレンベークにあるIT支援事業の拠点で利用者たちと話し込むウアサリさん(右)=ブリュッセルで2017年11月6日、八田浩輔撮影

 欧州で「ホームグロウン(自国育ち)」のテロが続く。容疑者の多くは移民にルーツを持ち、欧州の世俗的な社会で育った若者たちだ。過激派組織「イスラム国」(IS)はシリア、イラクで「壊滅」寸前と報じられるが、今年も欧州はテロから逃れられないだろう。過激思想に傾倒する若者の多くは社会・経済的に恵まれない層で、ISは彼らの受け皿の一つにすぎない。

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2060文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです