メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外名人戦 佐藤、羽生を破って防衛 3連覇を達成
記者の目

「テロの温床」の地で考える 自立支援で分断克服を=八田浩輔(ブリュッセル支局)

モレンベークにあるIT支援事業の拠点で利用者たちと話し込むウアサリさん(右)=ブリュッセルで2017年11月6日、八田浩輔撮影

 欧州で「ホームグロウン(自国育ち)」のテロが続く。容疑者の多くは移民にルーツを持ち、欧州の世俗的な社会で育った若者たちだ。過激派組織「イスラム国」(IS)はシリア、イラクで「壊滅」寸前と報じられるが、今年も欧州はテロから逃れられないだろう。過激思想に傾倒する若者の多くは社会・経済的に恵まれない層で、ISは彼らの受け皿の一つにすぎない。

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2060文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. サッカー日本代表 やっぱりすごい「大迫、半端ないって」
  3. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  4. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  5. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]