メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮展望2018

米専門家に聞く/上 交渉、早くて半年先 カーネギー国際平和財団副会長 ダグラス・パール氏

 トランプ政権の北朝鮮政策は成功、失敗の両面がある。国連安全保障理事会で中露両国の賛成を得て厳しい制裁決議を採択し、国際社会に北朝鮮との関係を根本的に見直すようメッセージを送ることができた点は成功した。

 失敗は2点ある。ひとつは、北朝鮮問題を最も緊急な課題に据えてしまったことだ。政権は危機を実態以上に大きく捉える考えに取りつかれてしまっている。結果を得ようとして圧力を高めている。北朝鮮の反発を招き、意欲的な核・ミサイル計画の進展を助けてしまった面は否めない。

 二つ目は、中国が問題解決の鍵を握ると思い込んでしまったことだ。もちろん中国が重要な役割を果たすこと…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文931文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです