メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2018

変われるかが勝負 三井住友FG社長・国部毅氏

=藤井達也撮影

国部毅(くにべ・たけし)氏

 --超低金利による利ざやの縮小や規制強化など、金融業界への逆風が目立ちます。

 ◆2017年度にスタートした中期経営計画(中計)では、3年間は難しい環境が継続するとの前提に立ち、その中でも利益を継続的に成長させることを目指している。マイナス金利や規制への対応も重要だが、何よりも(金融とITを融合させた)フィンテックを代表とするテクノロジーの進展の中で、どう新しいビジネスモデルを作っていくかが課題だ。

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです