メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/5 ノリ養殖、ドローンの目 赤潮・病害…空から監視

ノリを摘み取る森田政則さん。昼夜を問わず船を出すが、冷たい風や雨が吹き付ける冬は手足の感覚がなくなる時もある=有明海で昨年12月

 佐賀県沿岸部の有明海には、秋から春にかけて約30万枚のノリ網が畑のように浮かぶ。寒風が吹き付ける沖合で摘み取り作業をしていた佐賀県太良町のノリ漁師、森田政則さん(54)は「色落ちがすごか」とつぶやいた。プランクトンが多く、水温が低かったためか、黒々と成長するはずのノリは緑に変色していた。

 真っ黒に日焼けした表情はさえない。この海で、高性能カメラを搭載したグライダー型ドローンを飛ばす実験が始まっている。

 焼きノリは「ギフトの王様」と呼ばれた時代があった。最大約6メートルの干満差を利用し、干潮時にノリ網…

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1512文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです