メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓電話協議

合同軍事演習延期で合意 平昌五輪の期間中

 【ソウル大貫智子】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日夜、米国のトランプ大統領と電話で約30分間協議し、北朝鮮が挑発行為を中断する場合、2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪期間中の米韓合同軍事演習を延期することで合意した。韓国青瓦台(大統領府)が発表した。

 韓国側の発表によると、文氏は演習が延期されれば「平昌五輪が平和五輪として成功するのに大きなプラスになる」と発言。トランプ氏は「五輪期間中、軍事演習はないだろうとお話しされても結構だ」と応じた。両首脳は五輪の安全な開催に向けて最善を尽くすことで一致し、トランプ氏は家族などの高位級代表団を派遣すると伝えた。

 米韓合同軍事演習は例年、2月か3月から4月にかけて行われており、文氏は平昌五輪中の演習延期を米側に求めていた。

 また、文氏は韓国側が9日開催を提案している南北当局者会談について、米国と緊密に協議すると明言。米国の制裁強化などの強硬姿勢が対話実現に貢献したと謝意を表した。そのうえで、「南北対話が北朝鮮核問題解決のための米朝対話の雰囲気醸成にプラスになると確信する」と述べて、米国も北朝鮮と対話するよう要請した。

 これに対しトランプ氏は「南北対話の過程で我々の助けが必要ならいつでも言ってほしい」と米韓で緊密に連携するようけん制したうえで、「文大統領を100%支持する」と述べた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです