メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2020年の東京パラリンピックでは、圧倒的に勝ちたい」と語る芦田創=東京・駒沢陸上競技場で2017年6月10日

走り幅跳び 「五輪選手とも戦いたい」

 東京2020大会を前に、障害者の国際スポーツ大会「パラリンピック」の話題が増えた。だが、「パラって、よく分からない」とも聞く。パラにもっと触れていただきたいと願い、活躍する人や話題を紹介する(毎日新聞社オリンピック・パラリンピック室委員、山口一朗=中級障がい者スポーツ指導員)

 「お前は障害に甘えてる。パラアスリートかもしれないが、一流のアスリートではない」。早稲田大3年だっ…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1354文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです