メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連安保理

米のイラン敵視突出 反政府デモ、結論出さず閉会

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は5日、イランの反政府デモを討論した。米国は敵視するイラン政府の批判を展開したが、多くの国が「内政干渉だ」などと反発し、会合は結論を出さず閉会した。米国は自らのエルサレム首都認定の撤回を求めた安保理決議案にも唯一の反対国として拒否権を行使しており、今回も突出ぶりが目立った。

 米国のへイリー国連大使は「国家主権(の尊重)を根拠に、市民の人権や基本的自由を拒否することは許され…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです