メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/50 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(6)

「臨時ニュースを申しあげます、臨時……」

 アナウンサーは二度繰り返した。

「大本営陸海軍部、十二月八日午前六時発表。帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり」

 短い本文も二度繰り返された。それが日本国民に米英との戦争の開始を告げる初めての報道だった。その後は「軍艦マーチ」や「愛国行進曲」といった軍歌が立て続けに流れ、街は号外が乱れ飛ぶ朝となった。

 世のなかの空気もタケシは覚えている。なにももたない貧しい国・日本を、世界の二大強国アメリカとイギリ…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1002文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]