メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

玉木宏 13日公開、映画「悪と仮面のルール」主演 独特の世界、映像化に腐心

映画「悪と仮面のルール」主演の玉木宏=菅知美撮影

 13日公開の映画「悪と仮面のルール」で、世に災いをもたらす「邪」の家系に生まれ、その運命にあらがう文宏を演じる。

 文宏は初恋の相手・香織(新木優子)を守るため、父親を殺害して失踪。十数年後、整形手術で顔を変え、再び彼女の前に現れる。「香織に出会ったために、純粋な悪になりきれず、善悪のはざまでさまよい続ける。彼の葛藤を演じるのは、やりがいがありました」と手応えを語る。香織を守るため、再び殺人を犯す文宏。敵に向ける冷徹な表情と、香織の前で見せる少年のような仕草が同居する。「外の世界をあまり知らない分、素直で、心は意外と弱い。そこに人間味があふれている」と語る。

 原作は芥川賞作家・中村文則の同名小説。先の見えないスリリングな展開や、意外なラストに引き込まれたと…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです