メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮展望2018

米専門家に聞く/中 軍事衝突1~5% ライシャワー東アジア研究所長 ケント・カルダー氏

 北朝鮮核・ミサイル問題の解決に向けた最善の方法は圧力強化だ。トランプ政権は、制裁強化に加え朝鮮半島周辺での軍事演習を強化することで北朝鮮に「痛み」を与えている。これは「圧力戦術」と呼ばれる手法で、北朝鮮から見れば「いつ相手が侵攻してくるかわからない」状況にある。これで相手を参らせるのが狙いだ。

 現在の米国には交渉で切るカードが乏しい。だからこそ、来るべき「交渉の時期」に備え、カードを増やす作業をしている。圧力を高め、北朝鮮が譲歩の姿勢を見せるなど適切な時期に至ったら、軍事演習の質量を下げることで圧力を弱めればよい。

 偶発的戦争が起きる可能性が指摘されているが、トランプ政権の中核を固める軍出身者は状況をよく理解して…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです