メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その1)

曽我兄弟が密談のため、とどろきを止めたという「音止の滝」と酒井順子さん=静岡県富士宮市で、小出洋平撮影

 姿もめでたい霊峰富士は、伝説の宝庫でもある。中でも極めつきは、兄弟が本懐を遂げる『曽我物語』。敵討ちの初めと終わりの現場を、酒井順子さんが訪ねた。

富士の裾野で遂げた本懐

 年末年始は、仇(あだ)討ちの季節。「忠臣蔵」の扮装(ふんそう)を見れば「今年も終わり」と思いますし、曽我兄弟の仇討ちを題材とした歌舞伎を観(み)れば、「新しい年がきた」と思う。

 しかしなぜ曽我物は、正月の風物詩なのでしょうか。十二月に行われた赤穂浪士の討ち入りが季節と結びつく…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1420文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  4. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]