メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その1)

曽我兄弟が密談のため、とどろきを止めたという「音止の滝」と酒井順子さん=静岡県富士宮市で、小出洋平撮影

 姿もめでたい霊峰富士は、伝説の宝庫でもある。中でも極めつきは、兄弟が本懐を遂げる『曽我物語』。敵討ちの初めと終わりの現場を、酒井順子さんが訪ねた。

富士の裾野で遂げた本懐

 年末年始は、仇(あだ)討ちの季節。「忠臣蔵」の扮装(ふんそう)を見れば「今年も終わり」と思いますし、曽我兄弟の仇討ちを題材とした歌舞伎を観(み)れば、「新しい年がきた」と思う。

 しかしなぜ曽我物は、正月の風物詩なのでしょうか。十二月に行われた赤穂浪士の討ち入りが季節と結びつく…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1420文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 積水ハウス 土地詐欺被害 「社長案件」社内審査怠る 安価情報、取引焦る 「問題あり」複数指摘を無視
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです