メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その2止)

曽我兄弟が眠る城前寺敷地内には幼いころの銅像がある=神奈川県小田原市で

 五郎の首を洗ったとされるのは、静岡県富士市の曽我八幡宮の近くにある、「五郎の首洗い井戸」。場所がわからずに近所のご婦人に尋ねると、親切に連れていってくださいました。

 今は井戸は無くなっていますが、史跡であることを示す石碑の周囲は、きれいに整備されています。ご婦人によれば、

 「町会の人たちで、交代で草刈りをしています」

 とのこと。曽我兄弟の物語の痕跡は、今も大切に守られているのです。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1454文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]