メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

自然史博物館のカツオクジラ 半世紀経て正体判明 /大阪

実は「カツオクジラ」と判明し、常設展示が始まった頭の骨=大阪市東住吉区長居公園の大阪市立自然史博物館で、同博物館提供

 大阪市立自然史博物館(東住吉区長居公園)所蔵で「ミンククジラ」とされていた化石が、実は珍しい「カツオクジラ」だったことが判明した。発見から約半世紀を経てのことで、約8800~4000年前の縄文時代のカツオクジラと分かったという。カツオクジラは日本近海にも生息する中型のクジラだ。

 骨が見つかったのは1966年。東成区の地下鉄千日前線・今里駅(69年開業)の工事現場で、深さ14メートルの層から頭部が出てきた。76年に専門家の論文で「ミンククジラ」と発表された。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです