メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

自然史博物館のカツオクジラ 半世紀経て正体判明 /大阪

実は「カツオクジラ」と判明し、常設展示が始まった頭の骨=大阪市東住吉区長居公園の大阪市立自然史博物館で、同博物館提供

 大阪市立自然史博物館(東住吉区長居公園)所蔵で「ミンククジラ」とされていた化石が、実は珍しい「カツオクジラ」だったことが判明した。発見から約半世紀を経てのことで、約8800~4000年前の縄文時代のカツオクジラと分かったという。カツオクジラは日本近海にも生息する中型のクジラだ。

 骨が見つかったのは1966年。東成区の地下鉄千日前線・今里駅(69年開業)の工事現場で、深さ14メートルの層から頭部が出てきた。76年に専門家の論文で「ミンククジラ」と発表された。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです