メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これまでもこれからも

「古都奈良の文化財」20年/5 薬師寺 写経勧進50年の節目 /奈良

写経会で黙々と般若心経と向き合う人たち=奈良市西ノ京町の薬師寺で、数野智史撮影

 薬師寺(奈良市)の本坊寺務所奥にある「お写経道場」で、毎月8日の「薬師縁日」と第3日曜に開かれる写経会。墨やすずり、小筆などが置かれた机が並び、参加した人たちは正面に飾られた薬師三尊の絵に手を合わせた後、静かに席に着き、香料を含んだ墨をゆっくりとすり始める。見本の般若心経の上に重ねた半紙に筆を落とすと、静けさの中で筆先に集中していた。

 創建時の主要な建物の配置である「白鳳伽藍(はくほうがらん)」の復興資金を募ろうと、1968年に始ま…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです