メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

橋人

下電のある景色、次代へ 廃線車両でカフェ計画・鷲羽山下電ホテル社長 永山久徳さん(49) /香川

移設された下津井電鉄線の客車と永山久徳さん=岡山県倉敷市の鷲羽山下電ホテルで、林田奈々撮影

 <橋人(はしびと)>

 瀬戸大橋開通の影響で、ひっそりと姿を消した岡山県倉敷市のローカル鉄道「下津井電鉄線」。その客車をカフェとして再利用するプロジェクトが進行中だ。仕掛けたのは、瀬戸内海と瀬戸大橋を望む「鷲羽山下電ホテル」(同市大浜海岸)の社長、永山久徳さん(49)。「下津井電鉄線はこの土地の歴史の一部。人々の目に触れることで『こんな電車が走っていたね』と受け継がれていけば」と語る。

 下津井電鉄線は、かつて同市の茶屋町地区と港町・下津井地区を結び、下津井-丸亀間のフェリーへと連絡す…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです