メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

南海トラフ地震情報とは=回答・金森崇之、飯田和樹

周囲の民家から頭を出すように立つ高さ約13メートルの津波避難タワー=静岡県焼津市で2017年8月25日、小川昌宏撮影

 気象庁は昨年11月、それまでの東海地震予知情報(とうかいじしんよちじょうほう)に代わり、「南海(なんかい)トラフ地震に関連する情報」の発表を始めました。この情報は、南海トラフ巨大地震が発生する可能性が普段より高まっている時に発表されます。予知の代わりに発表されるこの情報は、どのくらい正確で、私たちはどのように活用したらいいのでしょうか。

     ◆いつ発表される?

    調査開始と注意喚起時に

     なるほドリ 大きな地震が起こりそうなの?

     記者 東海沖から九州沖の太平洋海底に延びる溝状の地形(トラフ)に沿って起きると予想されるのが南海トラフ巨大地震です。東日本大震災と同規模のマグニチュード(M)9級の地震となる可能性があり、政府は最大で死者30万人、被害額が220兆円に上ると予想しています。

     Q いつ起きるの?

     A 2017年1月時点で、今後30年以内に約70%の確率(かくりつ)で発生すると言われ、気象庁は南海トラフ地震の前触れの可能性がある地震や異常現象(いじょうげんしょう)を観測(かんそく)した場合、「南海トラフ地震関連情報」を発表することにしました。

     異常を検知(けんち)したら約30分で専門家の検討会を開き、調査開始を国民に知らせる臨時情報第1号を出します。普段より地震発生の可能性が高まっていると判断すれば第2号で注意喚起(ちゅういかんき)します。

     Q 関連情報が出たら、国や自治体はどうするの?

     A 今回の情報発表は、まだ暫定的(ざんていてき)に運用(うんよう)されている状態です。国は関係省庁の職員を招集して災害に備え始めますが、自治体の対応は明確に決まっていません。

     国は静岡県、高知県、中部地方経済界の三つのモデル地区で検討を進めてガイドラインなどを作り、全国の自治体に対応を促(うなが)す方針です。

     ◆どう対応すればいい?

    備え確認、身の安全最優先

     Q 私たちはどうしたらいいの?

     A 政府は、関連情報が出たら、家具の固定▽避難場所・経路(けいろ)の確認▽備蓄(びちく)の確認--など、日ごろの備えを再確認するよう求めています。しかし、実際には関連情報が発表されるケースごとに対応を考える必要があります。一つ目は、南海トラフ沿いでM8やM7以上の地震が発生し、情報が出された場合です。この時は、すぐさま押し寄せるかもしれない津波や倒壊(とうかい)の恐れのある建物から身を守ることを最優先に行動してください。高台への避難路や津波避難タワーを整備している自治体もあります。関連情報が警告する地震が起きるのは、その後です。避難済みの人はいつまで避難を続けるか、津波が来なかった地域の人は大規模な余震に備えて事前に避難するか検討しなければなりません。

     Q ほかのケースは?

     A 大地震がまだ起きていない段階で、観測機器で異常を検知した場合があります。ただ、関連情報は予知ではないので、国の有識者会議はこの場合について「行政機関は警戒態勢をとる必要があるが、住民に避難を促すのは難しい」と結論づけました。しかし、情報が出れば住民が「念のため避難したい」と考えることも予想されます。想定される津波の高さや到達時間などを考慮し、地域ごとに判断することが必要です。

     ◆発生を正確に予測できるの?

    現状は不可能「前兆なし」も

     Q 技術的な課題は?

     A 気象庁は東海地震を予知するため、東海地方を中心に地殻変動(ちかくへんどう)を観測するひずみ計を設置し、地震につながるかもしれない現象を監視し続けてきました。

     しかし、それより西の領域(りょういき)は震源域(しんげんいき)が海底にあることもあって、観測態勢は充実しているとはいえないのが現状です。

     Q 観測態勢が整えば正確に地震発生を予測できる?

     A 残念ながら難しいですね。国が東海地震対策を始めてからの約40年で、巨大地震の発生について当初考えていた以上に分からないことがたくさんある、ということも分かってきました。

     国は現在の科学的知見(かがくてきちけん)では地震予知は不可能と結論づけています。前兆現象なしで、南海トラフ全域で地震が発生するようなことがあれば、関連情報が何も出ないことも十分考えられます。地震がいつ来ても大丈夫なように備えることが、地震防災の基本だということを改めて思い出しましょう。金森崇之(社会部)、飯田和樹(科学環境部)<グラフィック・菅野庸平>


     テーマ募集します。〒100-8051毎日新聞「なるほドリ」係

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです