メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

セクハラ告発、変わる対応 ゲーリー・パウエル 米コネティカット大学教授(経営学)

コネティカット大学のゲーリー・パウエル教授=提供写真

 ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏に関するセクハラ報道をきっかけに、この問題は転機を迎えている。被害の告発に対し、企業幹部の辞任や著名ジャーナリストの番組降板など、素早い対応がとられる変化が起きている。

 ワインスタイン氏の問題は長年、公然の秘密とされてきた。彼は映画会社の創業者で、業界にも影響力を持つ権力者だった。もし、セクハラを受けた人や知った人が声を上げれば、その後のキャリアをつぶされる恐れがあった。

 それを変えるきっかけになったのは勇気ある報道や告発だ。ニューヨーク・タイムズ紙が最初に報じ、女優の…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文928文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]