メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 羽生善治永世7冠 19歳竜王から28年 獲得タイトル数は99期

「永世7冠」を達成した羽生善治新竜王

 <羽生善治永世7冠 タイトル戦の足跡>

 新年最初は、羽生善治永世7冠のタイトル戦の足跡をたどる。羽生は1985年、15歳で棋士になり、4年後にはもうタイトル戦に登場する。

 89年、19歳で島朗九段から竜王を奪う。順位戦で昇級し、93年、22歳でA級に上がったときには3冠になっていた。94年、A級1期目に挑戦者になり、米長邦雄名人との七番勝負を4勝2敗で制して名人に。同年末には竜王も奪い返して6冠。96年、前年敗れた谷川浩司王将に再挑戦した七番勝負で3連勝。迎えた第4局は山口県で行われた。

 羽生の横歩取りに対し谷川は中原囲いの陣立てにして第1図(便宜上先後逆)。[先]7一歩成[後]同銀と…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1349文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]