メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 羽生善治永世7冠 19歳竜王から28年 獲得タイトル数は99期

「永世7冠」を達成した羽生善治新竜王

 <羽生善治永世7冠 タイトル戦の足跡>

 新年最初は、羽生善治永世7冠のタイトル戦の足跡をたどる。羽生は1985年、15歳で棋士になり、4年後にはもうタイトル戦に登場する。

 89年、19歳で島朗九段から竜王を奪う。順位戦で昇級し、93年、22歳でA級に上がったときには3冠になっていた。94年、A級1期目に挑戦者になり、米長邦雄名人との七番勝負を4勝2敗で制して名人に。同年末には竜王も奪い返して6冠。96年、前年敗れた谷川浩司王将に再挑戦した七番勝負で3連勝。迎えた第4局は山口県で行われた。

 羽生の横歩取りに対し谷川は中原囲いの陣立てにして第1図(便宜上先後逆)。[先]7一歩成[後]同銀と…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1349文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです