メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

命と人生 自分の手で紡ぐ新年に=河瀬直美

 新しい年が明けた。去年は「光」のカンヌ上映から日本国内公開。また、新作の撮影が初秋と晩秋の2期にわけておこなわれた。その合間にはオペラ演出に初挑戦をして、12月に沖縄で千秋楽を迎えた。振り返れば、嵐のような一年であった。

 今年は、その新作「Vision」の公開を初夏に予定している。「Vision」はジャポニスムというフランスにおける日本を特集するという行事のオープニング上映に決定しており、年明けからの編集作業に余念がない。今回は初めてのフランス人編集マンと仕事をすることになった。これまで「殯(もがり)の森」から「光」まで6本の作品を一緒にやってきたティナという女性とどうしてもスケジュールがあわなかった。新しい編集マンはフランソワという60代の男性である。ティナいわく、フランスでは一、二を争う素晴らしい編集者であるから、安心して委ねればいい。その言葉を信じて作業に入る。手がけた作品はカンヌの最高賞にあたるパルムドールを受賞するなど、経歴を見ても素晴らしい。「Vision」の世界がどのように形作られていくのか、楽しみである。

 90時間ほどの撮影素材があり、作品は2時間ほどにまとめる予定である。多くの映画にはならない映像の中…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです