メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『硬きこと水のごとし』 著者・閻連科さん

 ◆閻連科(えん・れんか)さん

 (谷川毅訳、河出書房新社・3240円)

過酷な文革、ユーモラスに風刺

 現代中国を代表する作家が本作で描いた文化大革命は、中国で言う「赤(=革命)」と「黄色(=わいせつな表現)」が入り乱れている。2001年の刊行時に本国で大きな論争を呼び、発禁処分にはならなかったものの、今や増刷も再版も許されていないという問題作の邦訳である。

 「現在の中国の複雑な現実や中国人の根源には、文革があります。この30、40年の激変を理解するために…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです