メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『硬きこと水のごとし』 著者・閻連科さん

 ◆閻連科(えん・れんか)さん

 (谷川毅訳、河出書房新社・3240円)

過酷な文革、ユーモラスに風刺

 現代中国を代表する作家が本作で描いた文化大革命は、中国で言う「赤(=革命)」と「黄色(=わいせつな表現)」が入り乱れている。2001年の刊行時に本国で大きな論争を呼び、発禁処分にはならなかったものの、今や増刷も再版も許されていないという問題作の邦訳である。

 「現在の中国の複雑な現実や中国人の根源には、文革があります。この30、40年の激変を理解するために…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです