メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『硬きこと水のごとし』 著者・閻連科さん

 ◆閻連科(えん・れんか)さん

 (谷川毅訳、河出書房新社・3240円)

過酷な文革、ユーモラスに風刺

 現代中国を代表する作家が本作で描いた文化大革命は、中国で言う「赤(=革命)」と「黄色(=わいせつな表現)」が入り乱れている。2001年の刊行時に本国で大きな論争を呼び、発禁処分にはならなかったものの、今や増刷も再版も許されていないという問題作の邦訳である。

 「現在の中国の複雑な現実や中国人の根源には、文革があります。この30、40年の激変を理解するために…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文975文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]