メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』=イリーナ・メジューエワ著

 (講談社現代新書・972円)

 ピアノコンサートを訪れると、楽器から音の大波小波を空間に描き出す奏者の姿にいつも感銘を受ける。顔を上げたり下げたり、ペダルを踏んだり離したり、10本の指を鍵盤に踊らせながら、時に旋律の流れに身を任せ、時にリズムの手綱を引き締める。そんな自在な様子に思う。彼ら彼女たち天才は演奏中、何を思い、何に苦労しているのだろう。

 ロシア生まれ京都在住のピアニストが名曲を語った本書からは、その一端をうかがい知ることができる。例え…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文496文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]