メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

胃がん、緩和ケア勧められ=答える人・勝俣範之部長(日本医科大武蔵小杉病院・腫瘍内科)

 Q 胃がん、緩和ケア勧められ

 3年前、余命3カ月の胃がんと診断され、全摘しました。昨年5月に再発。抗がん剤治療をしていますが「効かなくなったら次は緩和ケア」と言われました。(岡山市、男性、76歳)

 A 積極的手段、延命も

 まず余命について説明します。医師の余命予測は不確かで3割くらいしか当たらないというデータがあります。多くの医師は「生存期間中央値」を余命と説明しています。中央値とはデータを小さい順に並べた時に中央に位置する値です。100人患者がいたとすれば、50番目に亡くなった患者の生存期間を指します。生存期間中央値が3カ月だったとしても、それは半分の患者が亡くなるまでの期間であり、余命と呼ぶのは間違いです。

 抗がん剤の効果には限界があり、長く続けると、効かなくなります。そうなると治療による副作用のために、…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文845文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]