メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/7 900キロはさんで接客 バー店員「アヤ」会話学習

長崎県佐世保市の「変なバー」で接客する「アヤ」を操る女性=東京都内で2017年12月、宮間俊樹撮影

 師走の夜、紫のランプがともる長崎県佐世保市の「変なバー」。男性客がカクテルを飲みながらタブレット画面に向かって「また、そのかわいい声を聞きたいな」と語りかけた。画面の中で若い女性をイメージした3Dキャラクターの「アヤ」がほほ笑んだ。「うれしい。また呼んでくださいね」

 店がオープンしたのは昨年11月。大型リゾート施設「ハウステンボス」の直営で、約250体のロボットが働くことで知られる「変なホテル」の1階にある。席に備え付けられたタブレットを通して注文し、クレジットカードで決済を終えるとサーバーから飲み物が注がれる「世界初」の無人バーだ。

 店から900キロ以上離れた東京都内のビルの一室。ここからアヤを操作している女性がいる。タブレットの…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1501文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]