メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

橋人

/6 地域経済へどう生かす 就実大教授 大崎泰正さん(66) /岡山

瀬戸大橋に関する調査報告書を手に当時を振り返る就実大教授の大崎泰正さん=岡山市中区の同大で、石川勝己撮影

 <橋人(はしびと)>

 中国銀行のシンクタンク・岡山経済研究所に長年勤め、県内経済の動向を見つめてきた。現在は就実大(岡山市中区)で教授を務めている大崎泰正さん(66)は「瀬戸大橋の架橋当時は気付かなかったが、ちょうどバブル景気の真っただ中で、瀬戸大橋ブームはバブル的要素も多分に含まれていた」と振り返る。

 観光客増加や大企業の拠点立地、倉敷市・児島駅周辺の都市基盤形成など大きな経済効果はバブルのおかげで…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文891文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです