メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

王子11人拘束 財政緊縮策に抗議

サウジ国内外の状況

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア国営通信は6日、サウジ政府の財政緊縮策に抗議するため首都リヤドの宮殿前に座り込んでいた王子11人を治安当局が拘束したと伝えた。厳格な王室支配が続くサウジで、王族がこうした抗議活動に出るのは異例だ。

 産油国サウジでは近年、原油価格低迷の影響で財政状況が悪化している。1月からは日本の消費税に当たる5%の付加価値税(VAT)を導入し、燃料費も値上げして、国民負担が増えた。このため、世論に配慮した政府は王族の水道・電気代を国庫から支払うことを中止した。今回拘束された王子らは、緊縮策の撤回や、親族が有罪判決を受けたことへの補償も求めたという。

 サウジでは高齢のサルマン国王を後ろ盾とし、トランプ米大統領とも緊密な関係を維持して、社会・経済改革…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文785文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  4. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです