メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆうゆう好日

人のために自分の時間を

焼き上がったパンを前に笑顔をみせる山田和夫さん(右)と 元路上生活者の男性=東京都豊島区で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 退職後にどんな人生を送ればいいか悩む人は多い。東京都豊島区の山田和夫さん(69)は玩具メーカーを退職後、パン屋を経営していた妻の遺志を継ぎ、初めてパン作りを始めた。山田さんは今、社会とのつながりを大切にしている。

 ●妻が残したレシピ

 「お願い、パンを焼いてくれない?」

 2009年8月、自宅で病床に就いていた妻和子さんがこう切り出した。「無理だよ、焼いたことなんてない…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1150文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです