メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆうゆう好日

人のために自分の時間を

焼き上がったパンを前に笑顔をみせる山田和夫さん(右)と 元路上生活者の男性=東京都豊島区で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 退職後にどんな人生を送ればいいか悩む人は多い。東京都豊島区の山田和夫さん(69)は玩具メーカーを退職後、パン屋を経営していた妻の遺志を継ぎ、初めてパン作りを始めた。山田さんは今、社会とのつながりを大切にしている。

 ●妻が残したレシピ

 「お願い、パンを焼いてくれない?」

 2009年8月、自宅で病床に就いていた妻和子さんがこう切り出した。「無理だよ、焼いたことなんてない…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1150文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]