メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

自動運転EV バス型、他業種と開発 米家電見本市

次世代型の自動運転電気自動車(EV)のイー・パレットを発表するトヨタ自動車の豊田章男社長=米西部ラスベガスで2018年1月8日、清水憲司撮影

 【ラスベガス清水憲司】トヨタ自動車は8日、ライドシェアや配送などでの活用を想定したバス型の自動運転電気自動車(EV)の「イー・パレット コンセプト」を公開した。米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなど5社と共同で開発を進め、2020年代前半に米国で実証実験を始める。トヨタはクルマの製造販売だけでなく、サービス事業も重視し、他業種との連携を加速させる。

 家電見本市「CES」が9日(日本時間10日)に米西部ラスベガスで開幕するのを前に豊田章男社長が発表…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです