メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「関ケ原はいかに語られたか--いくさをめぐる記憶と言説」ほか

 ■関ケ原はいかに語られたか--いくさをめぐる記憶と言説(井上泰至編・勉誠出版・2376円)

 「天下分け目」の一戦だけに「関ケ原」をめぐる歴史書は多い。本書がユニークなのは、登場人物の実像や合戦自体ではなく、それぞれがどう伝えられ、記憶されてきたかを追いかけている点だ。1次史料のみならず文学や美術からアプローチする。たくさんの類書を読んできた読者でも楽しめそう。

 ■昭和青春バス紀行(鎌田実写真・ネコ・パブリッシング・1836円)

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文522文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]