メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/51 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(7)

 三人は戦勝祈願を済ませると、鳥居で振り返り一礼して猿江神社を出た。朝は早かった。工場の始業時間まではたっぷりとある。息を白く伸ばして、テツがのんきにいった。

「いやあ、助かったな。大詔奉戴日はいつも腹が減ってたまらないんだ。記念日なのにおかずもないしな。工場で毎日働かされて月月火水木金金だもんな」

 決戦に休みなしということで、祭日も工場への出勤が続いていた。曜日など関係ないのだ。休日は十日、二十…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文955文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]