メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語食堂

その67 鴻池の犬 幕開け祝す手間キラリ

きょうの噺「鴻池の犬」をお題にした料理。(右から時計回りに)豚肉料理三種(豚しゃぶ、みそ漬け焼き、マーマーレード煮)、ごま豆腐三種、鯛赤飯=菅知美撮影

 船場の商家の前に捨てられていた子犬の三兄弟。店の者に可愛がられていたが、一番上の黒が豪商・鴻池善右衛門のところにもらわれていく。黒はすくすくと大きくなり、大坂の犬の大将に。ある時、鴻池家の前をやせた病気の犬が通りかかる。ほかの犬が脅しにかかるのを止めた黒、話を聞くと生き別れた弟とわかる。「コイコイコイッ」と旦那さんに呼ばれ、その度に黒は鯛の浜焼きやう巻きをもらってきて、弟に食べさせてやる。

 戌(いぬ)年の幕開けは、日本一の金満家を舞台にした「鴻池(こうのいけ)の犬」でまいりましょう。

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです