メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

聖地巡礼/12 おでん三吉 仙台市 楽天ファンが舌鼓 マー君のグラブも

楽天ファンが集う「おでん三吉」を切り盛りする田村さん=いずれも仙台市青葉区で

 のれんをくぐり引き戸を開けると、ガラスケースに入った田中将大投手(現ヤンキース)が使ったグラブが目に飛び込んでくる。東北楽天イーグルスの岡島豪郎選手のサイン入りバットもある。

 仙台市青葉区の繁華街の一角にある「おでん三吉」。1949年開業のおでんやきりたんぽ鍋が名物の老舗は、熱心な楽天ファンが集う場所としても知られる。「『楽天』は生活の一部。暑くなっておでん屋が少し暇になるころ(プロ野球シーズンが)始まり、終わるころ寒くなり忙しくなる」。2代目店主の田村忠嗣さん(74)はそう話す。

 2005年に誕生した楽天は本拠地を杜の都・仙台に構えた。田村さんは新しく誕生したチームをサポートし…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文993文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  4. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]