メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外仙谷由人元衆議院議員死去 民主党政権で官房長官
橋人

/7止 島の盛衰、ありのままに 与島を題材に映画を撮影 内田大輔さん(36) /岡山

「与島の未来を見つめ続けていきたい」と話す内田大輔さん=高松市塩上町1で、小川和久撮影

 <橋人(はしびと)>

 瀬戸大橋を真上に臨む香川県坂出市の与島は、古くから採石業で栄えた。しかし橋の開通で採石場は閉鎖し、周辺にホテルや飲食店が進出。その後の景気後退で撤退が相次ぎ、人口減少に見舞われた。この島を題材にしたドキュメンタリー映画「与島 石に灯す未来の火」を監督したのが、3年前から高松市内でゲストハウスを営む内田大輔さん(36)だ。

 内田さんは高松市で生まれ育ち、大学卒業後、四国銀行(高知市)に入行。32歳で退職すると、地域を活性…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文803文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです