メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

橋人

/7止 島の盛衰、ありのままに 与島を題材に映画を撮影 内田大輔さん(36) /岡山

「与島の未来を見つめ続けていきたい」と話す内田大輔さん=高松市塩上町1で、小川和久撮影

 <橋人(はしびと)>

 瀬戸大橋を真上に臨む香川県坂出市の与島は、古くから採石業で栄えた。しかし橋の開通で採石場は閉鎖し、周辺にホテルや飲食店が進出。その後の景気後退で撤退が相次ぎ、人口減少に見舞われた。この島を題材にしたドキュメンタリー映画「与島 石に灯す未来の火」を監督したのが、3年前から高松市内でゲストハウスを営む内田大輔さん(36)だ。

 内田さんは高松市で生まれ育ち、大学卒業後、四国銀行(高知市)に入行。32歳で退職すると、地域を活性…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文803文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです