メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

橋人

/7止 島の盛衰、ありのままに 与島を題材に映画を撮影 内田大輔さん(36) /岡山

「与島の未来を見つめ続けていきたい」と話す内田大輔さん=高松市塩上町1で、小川和久撮影

 <橋人(はしびと)>

 瀬戸大橋を真上に臨む香川県坂出市の与島は、古くから採石業で栄えた。しかし橋の開通で採石場は閉鎖し、周辺にホテルや飲食店が進出。その後の景気後退で撤退が相次ぎ、人口減少に見舞われた。この島を題材にしたドキュメンタリー映画「与島 石に灯す未来の火」を監督したのが、3年前から高松市内でゲストハウスを営む内田大輔さん(36)だ。

 内田さんは高松市で生まれ育ち、大学卒業後、四国銀行(高知市)に入行。32歳で退職すると、地域を活性…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文803文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]