メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

橋人

/7止 島の盛衰、ありのままに 与島を題材に映画を撮影 内田大輔さん(36) /岡山

「与島の未来を見つめ続けていきたい」と話す内田大輔さん=高松市塩上町1で、小川和久撮影

 <橋人(はしびと)>

 瀬戸大橋を真上に臨む香川県坂出市の与島は、古くから採石業で栄えた。しかし橋の開通で採石場は閉鎖し、周辺にホテルや飲食店が進出。その後の景気後退で撤退が相次ぎ、人口減少に見舞われた。この島を題材にしたドキュメンタリー映画「与島 石に灯す未来の火」を監督したのが、3年前から高松市内でゲストハウスを営む内田大輔さん(36)だ。

 内田さんは高松市で生まれ育ち、大学卒業後、四国銀行(高知市)に入行。32歳で退職すると、地域を活性…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです