メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川駅伝

男子・尽誠学園、女子・香川西がV /香川

テープを切りフィニッシュする尽誠学園高Aの藤原有紀人選手=高松市生島町の県総合運動公園で、小川和久撮影

 琴平駅伝記念男子第47回女子第14回香川駅伝競走大会(香川陸上競技協会、毎日新聞高松支局主催)が8日、高松市生島町の県総合運動公園で開かれた。県内外の高校生や社会人の男子28チーム、女子10チームが参加し、時折、風雨が強まる悪天候の中、男子は6区間25・3キロ、女子は4区間13・8キロを競った。男子は尽誠学園高Aが1時間17分58秒で2年ぶり18回目の優勝、女子は県代表として昨年の全国高校駅伝にも出場した四国学院大香川西高が49分5秒で初優勝を果たした。【小川和久、山口桂子】

この記事は有料記事です。

残り2210文字(全文2451文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  4. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです