メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

がん患者の心に寄り添う=稲垣麻由美・ノンフィクション作家

 5年生存率5%の進行性肺がんと診断されたある男性(56)の話だ。IT関連企業に勤める3児の父は「自分が死ねば住宅ローンは終わる。残していく家族は大丈夫だ」と死を覚悟したが、愛する人との別れをリアルに感じるようになると、泣くようになった。「死ぬのが怖くて泣いてしまうのです。そんな自分が情けない……」。胸の思いを打ち明けると、医師はこう答えた。「当然のお気持ちだと思います。怖がっても泣いてもよいのではありませんか。泣くと誰かが困りますか?」。予想外の言葉に男性ははっとした--。

 2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代だ。医療の目覚ましい進歩により、がんは死に直…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです