メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む

2018自民総裁選/1 石破茂・元幹事長(60) 非主流、深まる孤立 「安倍失速」待つ持久戦

 「熱いお茶いかがですか」

 元日午前0時過ぎ、自民党元幹事長の石破茂は鳥取市の商店街にある自身の事務所前で道行く人に紙コップのお茶を配り、笑顔を振りまいていた。

 毎年の恒例行事だが、例年と違うのは9月に自民党総裁選を控えていること。事務所に集まった支援者約30人を前に地元選出の参院議員、舞立昇治が「天下取りに向けて微力ながら持てる力を出し切ってまいりたい」と気勢を上げた。

 お茶配りを終えた石破が事務所に入ると、男性支援者から声をかけられた。

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1637文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]