メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

新金融サービス「フィンテック」 個人情報保護、対策急げ=宮川裕章(東京経済部)

スマートフォンで支払いができるサービスが広がっている=東京都渋谷区のカフェで、宮川裕章撮影

 ITを駆使した金融サービス「フィンテック」の進化と、社会や経済に与える影響を描く連載企画「鳴動フィンテック」(昨年8~9月、11~12月に計10回)を取材班の一人として担当した。取材から浮かび上がったのは、新たな金融サービスを開発・提供するベンチャー企業の台頭が金融業界に新風を吹き込む一方で、サービスの対価として顧客の個人データ獲得競争が激化している実態だ。フィンテックのさらなる発展のためには、ベンチャーの成長を促しつつも、個人情報を保護するための制度づくりが不可欠だ。

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文2017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです