メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

北海道の大雪対策 交通の安全と定時性守る

 冬本番を迎えた北海道。空の玄関口・新千歳空港や来年3月開業の北海道新幹線は、“極寒の地”ならではの雪対策を施し、安全を確保している。

 「デアイシングをお願いします」。1日5万人が利用する新千歳空港。積雪のため、計124便が欠航した11月24日、同空港に到着した飛行機の機長が、荷物の積み下ろしをしていたグランドハンドラー(地上作業員)に無線で依頼した。折り返して出発するまでの時間は平均40分。この間に機体は凍結し、その上には雪が積もってしまう。

 雪氷が翼に付着し、表面が凸凹になると、必要な揚力が得られず、墜落の危険も生じる。このため、到着後に…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  2. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  3. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  4. センバツイメージキャラに井本彩花さん 国民的美少女コンテスト2017年のグランプリ
  5. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです