メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

暑さに強い品種へ コメ、果物 進む改良

 果物の色づき、コメの品質、害虫の生息範囲――。地球温暖化の影響は日本国内の農作物にも既に表れている。今後も温暖化が進めば、さらに深刻な事態になるといい、私たちの食卓にも影響が及ぶかもしれない。

 「高温にも強い新品種。非コシヒカリ系のトップブランドを目指す」。新潟県の泉田裕彦知事は9月、東京都内で開いたコメの新品種「新之助」の発表会で意気込んだ。新潟県が新品種の開発に乗り出した背景の一つが温暖化だ。

 コメは、稲穂が実るころ高温が続くと、白く濁るなど品質低下につながる。平均気温の上昇が3度を超えれば…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1538文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです