メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

紅葉はなぜ起きる 休眠の準備、色素が変化

 紅葉の便りが各地から次々と届く季節になった。紅葉はなぜ、どんな条件で起きるのだろう? 近年は色付く時期が遅くなり、地球温暖化の影響も指摘されている紅葉の不思議に迫った。

 深い緑が、鮮やかな黄や赤に――。落葉樹のこうした変化には、葉っぱに含まれる色素が関係している。

 そもそも、葉っぱが緑色なのは、光合成に必要な光を吸収する物質として、細胞内に緑の色素「クロロフィル」や黄の色素「カロテノイド」があるからだ。国立科学博物館付属自然教育園の萩原信介特任研究員によると、秋になって気温が下がり、日照時間も短くなって光合成の効率が落ちると、落葉樹は休眠に向け葉を落とす準備をする。この際、緑のクロロフィルは分解されて枝や幹に回収されるが、黄のカロテノイドは長く葉にとどまる。このため、葉っぱが黄色に変わるという。

 赤くなる仕組みは、これとは異なる。光合成で作られた糖分は普段、管を通って葉から枝へと運ばれる。落葉…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1812文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです