メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

紅葉はなぜ起きる 休眠の準備、色素が変化

 紅葉の便りが各地から次々と届く季節になった。紅葉はなぜ、どんな条件で起きるのだろう? 近年は色付く時期が遅くなり、地球温暖化の影響も指摘されている紅葉の不思議に迫った。

 深い緑が、鮮やかな黄や赤に――。落葉樹のこうした変化には、葉っぱに含まれる色素が関係している。

 そもそも、葉っぱが緑色なのは、光合成に必要な光を吸収する物質として、細胞内に緑の色素「クロロフィル」や黄の色素「カロテノイド」があるからだ。国立科学博物館付属自然教育園の萩原信介特任研究員によると、秋になって気温が下がり、日照時間も短くなって光合成の効率が落ちると、落葉樹は休眠に向け葉を落とす準備をする。この際、緑のクロロフィルは分解されて枝や幹に回収されるが、黄のカロテノイドは長く葉にとどまる。このため、葉っぱが黄色に変わるという。

 赤くなる仕組みは、これとは異なる。光合成で作られた糖分は普段、管を通って葉から枝へと運ばれる。落葉…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです