メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

黄砂の飛来、風が左右 砂運ぶ低気圧の上昇気流

 黄砂は主に春に中国大陸から飛来する。微生物や大気汚染物質が付着し、アレルギーや呼吸器疾患を悪化させる原因になると指摘されている。

 今年3月22日、近畿以西の広い範囲で黄砂が観測された。福岡市や熊本市では空がかすみ、「視程」(水平に見渡せる距離)は5キロに低下した。

 黄砂は主に春に発生する。観測日数は年によって差があり、最近では2010年が多かった。気象庁によると、全国60カ所の観測地点のいずれかで観測された日数は41日に上った。11年以降は年10~15日に減り、今年は9月末時点で18日。

 発生源は、タクラマカン砂漠やゴビ砂漠、黄土高原。冬は地面の凍結や積雪があり、夏には植物が根を張るな…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです