メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

初場所14日初日 前へ前へ 期待の3人

御嶽海=藤井達也撮影

 元横綱・日馬富士の傷害事件で揺れた大相撲は14日に初場所初日を迎える。過去最低の56勝で横綱・白鵬が2年ぶりに首位に返り咲いた昨年の年間最多勝争いは、関脇・御嶽海(25)=出羽海部屋=と新小結の貴景勝(21)=貴乃花部屋=が54勝、前頭筆頭の北勝富士(25)=八角部屋=が52勝で続いた。いずれも押し相撲を身上とし、自己最高位で初場所に臨む。今年、さらなる飛躍が期待される3人の新鋭に焦点を当てる。

この記事は有料記事です。

残り2073文字(全文2273文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]