メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

帝塚山文化に育った「関西の薔薇」 詩人・桃谷容子

 かれんな容姿から「関西の薔薇(ばら)」と称された詩人、桃谷容子(1947~2002年)の遺言により、大部の『桃谷容子全詩集』(編集工房ノア)が死後15年を経て昨秋刊行された。「深窓の令嬢」という境遇にあったが、はた目から見る華やかさとは対照的に、深い諦めを感じさせる清冽(せいれつ)な詩やエッセーなどが連なる。全詩集の誕生で、作品の中に詩人は生き彼女への追憶もリレーされていく--。桃谷の生前をよく知り刊行に尽力した詩人、以倉紘平(いくらこうへい)さん(77)、出版元の社長、涸沢(からさわ)純平さん(71)の話を交えながら思いを寄せた。【有本忠浩】

この記事は有料記事です。

残り2171文字(全文2447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです