メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/52 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(8)

「さあ、やってくれ」

 三人はおおきなお握りを両手で掴(つか)んで、空き地にしゃがみこんだままかぶりついた。塩味がたまらない。仲のいい友達がそろっているのも実によかった。涙が出そうだ。

「なんなんだ、このうまさ」

 ひと口ごとに塩結びを腹に収めるテツが、頬を銀シャリでふくらませていう。タケシは同級生の手を見た。あかぎれだらけで、血がにじんでいる。荒れた手はミヤもタケシも同じだった。この寒さで栄養が足りないなか、ずっと働かされ続けているのだ。

 握り飯をひとつたべるだけで、人から難癖をつけられないかびくびくしている。こんな空き地にしゃがんで、…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです