メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
論点

日本の文化政策

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、世界への日本文化の発信に政府が力を入れている。「クール(かっこいい)ジャパン」の合言葉は海外に広まっているが、文化関連予算の伸び悩みや、少子高齢化による伝統芸能の担い手不足など課題も多い。グローバル化時代に「文化芸術立国」を目指す日本の文化政策はどうあるべきか。

この記事は有料記事です。

残り4437文字(全文4591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです