メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本の文化政策

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、世界への日本文化の発信に政府が力を入れている。「クール(かっこいい)ジャパン」の合言葉は海外に広まっているが、文化関連予算の伸び悩みや、少子高齢化による伝統芸能の担い手不足など課題も多い。グローバル化時代に「文化芸術立国」を目指す日本の文化政策はどうあるべきか。

この記事は有料記事です。

残り4437文字(全文4591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです