メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む

2018自民総裁選/2 岸田文雄政調会長(60) 確証なき禅譲路線 「加藤の乱」トラウマ重く

 「(9月の自民党)総裁選にどう臨むか、まだ秋まで時間がある。日本の政治にどのように貢献できるかを考える中で総裁選の対応も考えていく」

 4日、地元・広島市で自宅近くの神社に初詣をした自民党政調会長の岸田文雄は、集まった記者団を前に慎重な物言いに終始した。

 東京都議選での自民党惨敗から半月が過ぎた昨年7月20日夜、都内のホテルで岸田は安倍晋三首相と向かい合っていた。安倍のもとで4年7カ月務めた外相職の続投を固辞しつつ「首相を全力で支える」と伝えた岸田に、安倍は「宏池会を大切にする」と約束した。

 外相の実績に加え、党三役を経験することによって「ポスト安倍」候補に名乗りを上げる岸田の思惑は明らか…

この記事は有料記事です。

残り1378文字(全文1676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです