メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

自動運転EV、ユーザーの視点重視 配送・相乗りも 米家電見本市

トヨタ自動車が発表した次世代型電気自動車(EV)のイー・パレット=米西部ラスベガスで2018年1月8日、清水憲司撮影

 【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、車を使う側の視点を重視しないと生き残れないと判断。他業種との開発連携にかじを切る。(3面に「質問なるほドリ」)

 「技術の進歩が自動車業界を急速に変えようとしている。競争は車作りだけではない」。豊田章男社長は8日…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです