メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日地球未来賞

東南アジア給水支援NPOに 上総掘りで井戸、今後も

上総掘り工法で井戸を掘る現地ボランティアら=フィリピン・バタンガス州で2005年(NPO法人上総掘りをつたえる会提供)

 食料・水・環境の各分野で問題解決に取り組む団体や個人を顕彰する「第7回毎日地球未来賞」に、東南アジアの水不足に悩む地域で井戸掘りなどを手がけるNPO法人「上総(かずさ)掘(ぼ)りをつたえる会」(千葉県袖ケ浦市)が選ばれた。

 1981年に発足し、主にフィリピンで活動。ルソン島の小中学校や貧しい集落に井戸を計27基掘った。水道がなく、バケツなどにためた水を使っていたが、新鮮な水をいつも使えるようになった。

 「上総掘り」は千葉県君津地方で明治時代に考案された人力の深井戸掘り工法だ。日本では役割を終えたが、…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文803文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです