メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立環境研究所

市民との対話活動を本格化

 国立環境研究所(茨城県つくば市)が、研究の進め方や成果などについて、市民と双方向で議論する活動を本格的に始めた。同研究所は「どんな研究が必要なのかというところから社会と一緒に考えていきたい」としている。

 同研究所は2016年4月、広報室とは別に「社会対話・協働推進オフィス」を新設。今年度からフェイスブックなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用して、市民からの質問に答えるなどしている。

 地球温暖化を巡っては2009年、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書にも引用され…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです